クールジャパンは、「何もするな?」


やっぱり「何もするな」が一番だ。でも僅差で2,著作権保護。思ったよりも3.産業支援が低いな。で4.人材育成という順番です。それでもクールか!? 「アウトバウンド」の巻 その4

今日もクールジャパンネタで、興味ふかい記事を見つけました。

ニコ生「クールジャパンを斬る!!」それでもクールか!?のアンケートの結果は、
クールジャパンで政府は何をするべきか?の1位が、「何もするな」だったそうです。

こういうアンケートについては、刺激的でわかりやすいのを選びたくなるので、「何もするな」に偏ったと思います。

私個人の意見としては、著作権保護が、とても重要だと思います。せっかく良い商品を作っても、真似事で販売される市場であれば、リスを背負うことができません。

そして、次に人材育成。これについては、学校教育です。具体的にいうと英語。英語というツールがあり、良い製品があれば、海外に売り込みに行くことができます。そして継続的に交渉や販路開拓を自分でできるようになるからです。

産業支援については、うーん。何がどう必要かは、あまり思いつきませんでした。自信があるサービスであれば、銀行からお金をかりて勝負すれば良いですし、日本には、そういう資金支援が充実しています。

今のクールジャパン政策は、批判の的になっていますが、もしこのクールジャパン政策が何もなければ、インフラがない状態で、0から掘り起こしの挑戦になるので、政府が行っている事は、一概に悪いとは思いません。

しかし、税金を、いくら、どのように投下して、どういうリターンがあるのかは、検証し、公開していけば、より良い政策になっていくと思います。