クールジャパンを推進していた藤巻幸大氏が死去


藤巻幸夫

3月15日の夜に、参議院議員の藤巻幸大氏が、病気のため亡くなりました。

私は、藤巻さんが、塾長を勤める日本元気塾、藤巻塾の一期生でした。
藤巻さんには、行動することの大切さ、挑戦することの大切さ、失敗することの大切さを、教えていただきました。

外国人観光客を日本に呼ぼう

外国人観光客

藤巻さんは、外国人観光客を増やすべく、日本の魅力を再発見する重要性、PRの欠如を安部総理をはじめ、国会を通じて、伝え続けました。

特に、与党野党を問わず、国のコンテンツを、どのようにPRしていくのか?その議論が大切である事を重要視していました。

クールジャパンの4本柱

コンテンツ、プレゼンテーション、PR、人間の育成

藤巻氏は、外国人観光客において、「コンテンツ」「プレゼンテーション」「PR」「人間の育成」の4本の柱を国会で伝え続けました。

日本には、コンテンツ力がありますが、プレゼンテーションやPRにとおいては、まだまだ自己主張が足りないと思います。そして、またそれらを実行する、人間の育成こそ重要です。

藤巻氏は、多忙なスケジュールの中、森ビル株式会社が主催する日本元気塾の藤巻塾を行ってきました。そして、その中でも、「伝える」重要性をおしえ続けてきました。

JapanSpottingは、藤巻氏の遺志を引き継ぎ、外国人観光客誘致を行って参ります。

みんなで、日本を元気にしよう

みんなで変える

藤巻さんは、いつも周りのことを気にかけている人でした。

私にも時折、「どうしてるんだ?」「東京来る時は声かけろ」「応援手伝いするぞ」などメッセージをくれていました。

とにかく好奇心が旺盛で、目の前の事に全力で向かっていく、たくさん失敗もして、たくさんの人に愛されている、そんな師匠でした。

師匠ありがとう

スクリーンショット 2014 03 17 10 00 13

最後に、個人的なメッセージになりますが、師匠に出会えて、そして、近くで勉強させてもらえて、本当に良かったです。この経験は、生涯の宝物です。

渋谷にある師匠のイキツケのバーで、偶然2人になった時、しみじみ語ってくれた内容が忘れられません。「見えないところで、たくさん背負ってるんだなぁ」って思いました。

「もっと失敗しろ!」

そう言われた事は、ずっと覚えていきたい。
生涯挑戦者として、師匠の背中に近づいて行きたい。

藤巻師匠が挑戦していたクールジャパン(師匠はクリエイティブジャパンと呼んでいましたた)

「日本の魅力を世界に伝える」

は、このJapanSpottingのミッションでも有ります。

私は、師匠の遺志を引き継いで、活動を続けて行きます。

*画像は、全ての上記の動画より