観光客が集まる、地元のレストランの共通点とは?


IMG 4978
海外に行くと必ず地元の人気店に行くようにしている。
人間の本能の一つである「食」に関連する物事は、その土地の文化や特長が詰まっていると考えるからだ。

今回は、オークランドの人気店を訪問して、観光客が集まる、地元のレストランの共通点を考えてみました。

味・デザイン・人のハーモニー

味を楽しむ

IMG 4976観光客が集まるお店にとって、味が美味しいのは、もはや当然の事です。もちろん自分が住んでいる土地や生まれた場所の土地習慣で味覚が変わりますが、美味い料理は、共通して美味いものです。今回食べたのは、少し辛かったですが、その分ワインが美味しく感じられました。

空間を楽しむ

IMG 4977
次に、内装やデザインがオシャレで、ある事
その土地の最先端のデザインを取り入れたデザインは、食事をスルだけではなく、訪問するだけでワクワクしてきます。

店員と楽しむ

IMG 4980イキイキと笑顔で働いている人をみると、こちらも笑顔になります。笑顔で食事を食べると食事は、確実に美味しくなるでしょう。それがまた人の笑顔を生む。

それを見た、通りすがりの人は、足をとめて、入ってみたくなる
また次の笑顔をうみ出す
こういう連鎖反応が、人気店を創っていくのだと思います。

観光客は、食事を”体験”しに来ているのだ

観光客は、決して、食事をするためだけにレストランに行くわけではない。

食を通じた、地元の体験をしに来ているのだ。

これは、当たり前の事すぎるのだが、観光客が集まるレストランと普通のレストランの決定的な差は、ここにあると思う。

ただうまい飯をだすのであれば、吉野家に行けば良い。(ちなみに吉野家は、大好きだ)

観光客は、お店に入り、店員さんと話して地元の美味しい料理や何年くらいやってるの?なんて会話を行いたいのだ。

このコミュニケーションをつうじた体験を重視しているお店が、グローバル社会で生き残っていくんだろうなって思う。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

     

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)